Internet Explorer の脆弱性について

情報管理室からのお知らせ

メディアでも報道されているように、Internet Explorer(IE)の脆弱性により、セキュリティ警告が発表されています。このセキュリティホールを利用すると、IEを通じて第三者がアクセスしたコン ピュータ上でプログラムコードを動かしたり、意図しないウェブコンテンツへと誘導することが可能があると、報告されています。IEのバージョン6以降、最新版のバージョン11まで、ほぼ全てのIEで確認されています。各自、自分のPCに関して自身で対策をとるようにしてください。てっとり早い対策はIEを使わないことです。IE以外のブラウザを使うことで、現時点での脅威は解消されます。

情報管理室としては、FireFoxを推奨します。

FireFoxダウンロードはこちら

FireFoxに関する説明

*新しいブラウザをインストールした場合、学内のネットワークを利用する場合は、再度プロキシの設定が必要になります。